My favorite things
PROFILE
THANK YOU
このブログは、 コメント欄を閉じています。 よろしければ、こちら  tstchi@infoseek.jp にメールをいただけると嬉しいです。
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
MY FAVORITE
*
Precious stone jewelry −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
OTHERS


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
映画 「僕のワンダフル・ライフ」

 

映画の日。

なので娘と観に行ってきました。

| 映画 | - | - | chirishi |
撞木。

昨日は父方の法事でした。
有縁の人たちとお寺へ。

終わって帰るとき、
従兄が、この寺の鐘の撞木が、
21歳で逝った従弟の供養に、
大伯父母が寄附をしたものだと、
教えてくれました。

この従弟は、私とは2つ違い。
平成2年12月19日、
大学に通学している途中に
交通事故に遭い、
あっけなく逝ってしまいました。

私の父と、彼の父、
私の母と、彼の母が
それぞれ兄弟姉妹の関係にあり、
どちらの実家に行っても、
彼と、その兄とは会うので、
物心ついた時から、
私は一人っ子だったこともあって、
いつも3人一緒。
伯父も伯母も、女の子がいないので、
私をかわいがってくれるし、
私の両親も、
この従兄弟を頼りにしていました。

だから、あの日あの時、
一報を受けたときからずっと、
もう、彼が生きた年数よりも
時間もたってしまっても、
でもまだ。


随分、時間がたってしまいました。
一番下の従妹たちは、
まだ幼児だったので、
彼の記憶はほとんどないそうです。
私の娘たち、ひ孫世代にいたっては、

全員その後に生まれているので、
そんな人がおったらしいということだけ。
仏間にある写真の彼しか知りません。

もう、祖父母も向こうに行き、
寄附をしてくださった
大伯父たちもいません。
いずれ、生きていた彼を知っている人は
誰もいなくなる時が来ます。

たとえ彼のことを知らなくても、
この撞木に、このような謂れが
あることを知らなくても、
この寺で、
誰かがこの鐘をついてくれることで、
未来永劫、彼の供養になるかと思って、
心が安まる思いがしました。


撞木には、名前を入れてくださっています。
入れたときには、まだ白木で
はっきりと読める文字だったものが、
二十数年の時を経て、
木の色もかわり、
読みにくいものとなりました。

時の流れを目の当たりにし、

白髪交じりに年を重ねた私の姿を、

「年取ったなあ」と、

茶化す彼の声が聞こえた思いがしました。

もう、またあの日が来るなあ。

 

| 今日のこと | - | - | chirishi |
尾道。

 

尾道まで、映画を観に行ってきました。
生まれてから、小学1年生まで過ごした地。

 

人生で初めて映画をスクリーンで観たのも尾道。

人生で初めて喫茶店に入って、

レモンスカッシュを飲んだのも尾道。
そのときのお店は、もうありませんでした。
商店街は、天六の雰囲気。人の数が違いますけどね。


でも、素敵なお店が並んでいて、
尾道が愛されてるんだなあと思いました。

 

そして変わらず、尾道城。
駅に来ると必ず見上げてました。
山の上にそびえるお城は、
子供の私には、
これ以上立派なものはないくらい、
大きな大きなものでした。
もうあれから40年以上、
あの時の私は、
自分の50歳のころを
全く想像することもなかったけれど、
どうかな、なかなか、悪くない。

| お出かけ | - | - | chirishi |
リビングの模様替え。

久しぶりにリビングの記事(#^^#)

 

ことし初めに、自宅の模様替えをして

自宅リビングと教室の部屋の交換をしました。

今までは、レッスンとティータイムの部屋が

別だったのですが、今は一部屋完結になりました。

キッチンの水場が近くなったおかげで、

レッスンのときの洗い物にも便利になりました。

 

リビングはテレビが置いてあるので、

家族が帰ってきたときには使いますが、

私はあまりテレビを見ず、

朝のニュースすら、最近はラジオだったりするので、

ほとんど踏み入れない場になっておりました。

 

ソファーに座ると、なんだかちょっと違和感というか、

落ち着かないというか・・・。

レイアウトが気に入っていなかったのですね。

 

 

ということで、

昨日の朝、思い立って模様替え。

 

こんな感じに落ち着きました。

旧リビングは南北に長い部屋でしたが、

新リビングは東西に長い部屋。

う〜ん、この画像だけ見たら、

旧リビングのときの配置と、

あまり変わらない?

 

 

 

 

リビングに時計がなかったので、

ちょっと前に買ったゴールドの時計と、先日変えた天井灯。

新リビングの天井灯は、家を建てたときにつけたもの。

もともとは娘の部屋と夫の部屋のつもりでつくり、

ごくごくシンプルなものをつけていました。

 

社宅の天井灯が、ちょっと古くなっていて、

買い替えが必要となり、

変えるなら、自宅のライトを変更して、

その外したものを社宅に・・・と思いまして、

自宅のライトを画像のものに。

現在、教室として使用している旧リビング、

そこだけはアイアンのライトをつけていて、

それを気に入っているので、

似た雰囲気のものにしました。

 

レイアウトが気に入ったからなのか、

どういう気持ちの変化かわかりませんが、

リビングのソファーにも

ここ数日は座るようになりました。

仕事があいたからっていうのも、あるからですが・・・。

 

そうなると、ソファーの前にセンターテーブルがほしいなとか、

ラウンドのテーブルもいいなとか、

カーテンを変えたいとか、

いろいろとまた妄想が膨らんでおります。

何よりも、エアコンが優先なのですが・・・。

いつまでたっても、物欲はとどまりません。

 

| インテリア(リビング) | - | - | chirishi |
9月のホテル。

9月は日程の都合で、大阪2泊。

きっと仕事が入っていると思われるので、

予約の段階で、やっぱりここかなと、

ヴィアーレ大阪 にしました。

チェックイン前に荷物を預かっていただけて、

お部屋に運び済み。

荷物を発送したいとお願いしたら、

箱の手配をしてくださり、

発送のときにも、台車を準備してくださったり、

発送の手配もしてくださって、

とても気持ち良いサービスです。

 

ポットには常にお水を満タンにしてくださっていて、

それとは別にミネラルウォーターのサービスあり。

 

私は今回もレディースルームにしたので、

POLAのアメニティつき。

体組成計やナノケア、マッサージクッションも

置いてあります。

 

お部屋やバス・トイレの広さも

ちょうどよい広さ。

なぜかエレベーターから一番遠い部屋というのが

ちょっと疑問ですが、

遠い分だけ、人の声とか物音とか

あまりしないので、

そういう配慮かもしれません。

 

ここは、安心して泊まれるホテルです。

(18400/2)

 

 

| |------(ホテル) | - | - | chirishi |